Coffee Break Essay


 「米良周策と幻のレイテ沖海戦」

 

(一)

 米良家十四代、現当主米良周策は、私の祖母の弟、大叔父にあたる。周策は、大正十三年(一九二四)三月八日、北海道浦河郡浦河町大字浦河番外地生まれ。父四郎次(しろうじ)五十九歳の第十四子で、末っ子である。

 四郎次死亡時、周策は九歳になったばかりで、それが四郎次に関する情報が現在に伝えられていないゆえんである。昭和二十四年三月十五日、シベリア抑留死した兄繁実の除籍に伴い、二十六歳で家督を相続する。

 当初、周策はタクシーの運転手をしていた。姉アキの夫三橋嘉朗が、様似町で銭湯を経営していたのだが、タクシー業も営んでいた。周策はそこで働いていたのだが、兄繁実が昭和十八年に陸軍に臨時召集され、そのわずか半年後に、周策もまた同じく招集されている。

 筆者がこれまで周策から聴き取り調査をし、それをもとに調べ上げた内容を紹介する。

 

 周策が十九歳で入隊したのが、横須賀海軍航空隊で、後に厚木航空隊に派遣される。厚木には、第三〇二海軍航空隊があり、厚木戦闘機隊と呼ばれていた。やがて静岡の第十六嵐特別攻撃隊、通称八田部隊に所属し、その後伊豆下田に移ったが、昼も夜もない火のつくような凄まじい訓練に明け暮れていた。

 戦況が悪化して行く中、昭和十九年十月十七日、米軍がフィリピンのレイテ湾に集結し、スルアン島に上陸を開始した。軍部は同日夜、急遽「捷(しょう)一号作戦」を発令する。捷一号作戦とは、米軍によるフィリピン奪還作戦(マスケティーア作戦)を阻止するため、日本海軍が全艦を挙げていどんだ総力戦である。

 当時日本軍は、進攻地域を四方面に分けて作戦を立てており、フィリピン島周辺への進攻を一号作戦、台湾九州を二号、本土を三号、北海道を四号とし、総括して「捷号作戦」と称していた。日本軍にとって、米軍のフィリピン奪還を許すことは、本土と南方資源地帯を結ぶルートが遮断され、戦争継続能力の喪失を意味していた。

 すでに航空戦力を消耗していた海軍は、第三艦隊(小沢隊)の空母群(十七隻)だけでは、米機動部隊には太刀打ちできない状況になっていた。そこで、第三艦隊司令長官小沢治三郎中将が、囮(おとり)となって米機動部隊を北方へ誘導し、その間隙を衝いて本隊である第二艦隊(戦艦、軽巡洋艦、駆逐艦あわせて三十七隻)と、第五艦隊(同七隻))がレイテ湾に突撃するという作戦が打ち立てられた。この本隊には戦艦大和、武蔵、長門などがいた。

 昭和十九年十月二十日午後五時三十分、第三艦隊は空母四隻、戦艦二隻、軽巡洋艦三隻、駆逐艦八隻にて別府湾を出撃した。搭載機は総計一一六機で、通常の半分の機数であった。旗艦は、当時、海軍最新鋭かつ最強といわれた戦闘型空母瑞鶴(ずいかく)(総排水量二五六七五トン、全長二五七・五メートル、最大速度三四・二ノット、航続距離一八ノットで九七〇〇海里、乗員一六六〇名)であった。

 瑞鶴は真珠湾攻撃からマリアナ沖海戦まで幾多の海戦を経ながら、一発も被弾したことがなく、当時は、幸運艦と称されていた。ミッドウェー海戦(昭和十七年六月)で、海軍が正規空母四隻を失ってから、瑞鶴は翔鶴とともに海軍航空艦隊の主力空母となっていた。その瑞鶴が旗艦となって、全滅を覚悟の出撃をしたのである。このとき周策は、零式艦上戦闘機(零戦)の操縦士として、この瑞鶴に乗艦していた。

 

 海軍は三方から一斉にレイテ湾を目指した。囮部隊である第三艦隊の主目的は、敵艦を発見することではなく、敵艦に発見されることにあったため、目立つように無線電波を発信しながら南下を続けた。

 別府湾を出撃してから四日後の十月二十四日、第三艦隊は本隊南方一七〇海里に敵艦を確認する。小沢司令長官は攻撃に先立ち、搭乗員に対し次のような訓示を行っている。

「諸君はこれより敵艦の攻撃に向かう。しかし、帰艦するころにはすでに本艦の姿は洋上にないであろうから、攻撃後はフィリピン島の基地に帰投してこれからも元気で戦ってもらいたい。諸君の武運を祈る」

 昭和十九年十月二十四日午前十一時四十五分、攻撃隊七十六機(実動五十八機)が発艦した。

 翌二十五日午前八時二十分、瑞鶴に敵機来襲(第一波、一八〇機)を告げるラッパが響く。それはエンガノ岬沖海戦(ルソン島沖)の始まりを告げる合図であった。敵機はウィリアム・ハルゼー大将(第三波攻撃からトーマス・キンケイド中将に代わる)率いる第三十八任務部隊の大編隊で、ハルゼー機動部隊は、六十五隻、三空母からなる大部隊であった。

 瑞鶴は上空掩護(えんご)の戦闘機二十九機を迎撃に発艦させたが、多勢に無勢で全機が失われるのに時間を要しなかった。周策はこの掩護部隊の一機に機上していた。

 午前十時の第二波三十六機の襲来で、瑞鶴は艦尾を吹き飛ばされ、通信設備を破損した。旗艦として指揮の続行が不能となり、瑞鶴にあった司令部が巡洋艦大淀に移された。第二波攻撃をハルゼー機動部隊の本隊と確信した小沢司令長官は、「ワレ敵機動部隊ノ誘致ニ成功セリ」と連合艦隊司令部に打電している。

 午後一時の第三波二百機による攻撃で、瑞鶴は決定的な打撃を受ける。敵機が去った直後、瑞鶴の艦内に総員集合の警笛が響いた。沈没はもはや時間の問題であった。艦長貝塚武男は傾いた甲板に立ち、不動の姿勢で立ち並ぶ兵員を前に最後の訓示を行った。

「諸君は乗艦以来、最後まで実によくその任務を尽くしてくれた。艦長として最大の満足を感ずるとともに実に感謝に耐えない。改めて礼をいう。ただ、共に今日の戦いに臨みながら、幾多の戦友の英霊に万感いい現わせないものを覚える。同時にその尊い兵士を多く失ったことは、陛下をはじめ奉り、一般国民に対して深く御詫びを申し上げる。諸君もどうか一層奮励し、敵を撃滅せずんば止まずの闘魂をいよいよ鍛えてくれ。そして次期の戦闘に参加し、御国のために頑張ってくれ。死んではならぬ。生きてくれ。切に諸君の奮闘を祈る。艦長はただいまより軍艦旗を降ろすと共に、総員に退艦を命ずる」

 艦長の頬には、幾筋もの涙が光っていた。

 副長は御真影と軍艦旗を捧持し、左舷に繋がれた短艇に移乗し舷側を離れた。それを見定めた貝塚艦長は艦橋にある戦闘指揮所に戻り、沈む艦から次々と海に飛び込んでゆく兵員に対し、いつまでも帽子を振っていた。その後、戦闘指揮所の扉は再び開かれることはなかった。

 

「貝塚艦長の『総員退去』の命令がくだり、部下が一斉に私の顔を見た。心の中を見透かされぬよう無理に平静を装い、『行くぞ』と号令して海に飛び込んだ。艦長は戦闘指揮所にもどり、静かに帽を振っておられた。

 波間に浮き沈みし、重油を飲み、目や鼻を刺激されながら、静かに沈んでいく『瑞鶴』を見守っていた。顔を海に沈めて泣いた。海上に流れる『海行かば』の歌に和し、大きな声を張り上げた。

 駆逐艦『若月』と『初月』の救助作業が始まっているのが、波の間から見えた。兵学校同期生の顔を思い出し、『どうせ拾われるなら若月にしよう、若月で彼の服を貰えばいい』と思い、力いっぱい泳ぎ出した」(昭和十九年十月二十五日 高角砲指揮官「兵七三」の証言)

   つづく


 

                 平成二十一年八月 処暑  小 山 次 男

 

 付記

 平成二十二年六月 加筆